知ってる人は知っている「百貨店の友の会」で賢く貯蓄

超低金利時代に突入して随分になりますが、定期預金はどこも金利が低いし、金利が高いものは投資信託などとかけ合わせたラッピング商品ばかりで運用するには少し心配・・・と迷っているあなたにおススメな運用商品があります。それは「百貨店友の会の積立サービス」です。

毎月一定金額を積立することで1年後には掛け金に上乗せした商品券が還元されるというもので、百貨店の大半が導入しています。
1口最低「3,000円~5,000円」のところが多いので、自分の予算や計画に合わせて掛け金を決めるといいですね。掛け金は毎年見直すことができます。

例えば「1年後の誕生日に2人でちょっと豪華なディナーを楽しもう」と思えば、5,000円×4口で毎月「20,000円」積立ます。
1年後には掛け金20,000円×12ヶ月=240,000円に「20,000円」分の商品券がプラスされて「260,000円」手元に入ります(還元率は8.6%で源泉徴収なし)。

大事なのはそこで一挙に使わずに、あくまでもディナー代は掛け金にプラスされた「20,000円」以内に収めて残りの「260,000円」は受け取り後の1年間で均等に割り振り、買い物予算に組み込むことです。
ちょっと無理したかなと思ったら、次の年には掛け金を「5,000円」に下げて、手元に受け取った「260,000円」の一部を次の年の予算取っておきます。
こうして毎月の百貨店予算に受け取った商品券を割り当てていけば無理なく家計運用ができますよ。

毎月均等に割り振るプランを考えるなら、遠くの大手デパートよりも毎月気軽に利用している近くの百貨店がいいですね。

万が一、運営状況の悪い百貨店が倒産の危機を迎えても大丈夫。その場合大抵は積み立てた掛け金は積立口座に現金で戻されます。
友の会入会時にそういうリスクに関して質問したり、規約にしっかり目を通しておくことも大事です。
多くの場合、こちらが質問しないとわざわざ高等説明まではしてくれないところが多いようですからね。

窓口の方にお伺いするとやはり消費税増税以降、「友の会入会者がとても増えた」とおっしゃっていました。

まだ活用していなかったという方も一度考えてみてはいかがですか。

医療費の節約について

私自身、大きな病気にかかり、長期入院を余儀なくされました。

そこで直面した医療費の節約についてお話します。

まず、大規模病院は、かかりつけの医師の紹介状を持って受診をしましょう。紹介状を持っていない患者は長く待たされることが多いし、選定療養費がかかります。

まずはかかりつけの医師に相談し、紹介状を書いてもらいます。

次に、入院するときは、できれば月初めからにしましょう。

高額療養費制度は1ヶ月でかかった治療費で適用されるかどうかが決定します。月をまたいでしまうと、それぞれの月の治療費がかかり、高額療養費制度の適用範囲外になってしまう可能性があります。

限度額適用認定証を申請しましょう。

高額療養費制度は、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になることがあります。

そんなときはご自身が所属している健康保険組合に、限度額適用認定証を申請し、病院の窓口に提出しましょう。

そうすると、1ヶ月 (1日から月末まで)の窓口での支払いが、自己負担限度額までとなります。

大きなお金が手元にないとき、大変助かりますね。

最後に、医療費控除を受けましょう。

年間で10万円を超えた分の医療費は、所得控除を受けることができます。医療費控除を受けるには、税務署に領収書を提出しないといけないです。病院や薬局でもらった領収書は、家族の分も一緒に保管しておきましょう。

節約と貯蓄は日々のコツコツとした積み重ねである

節約や貯蓄については、様々なメディアでも特集されていますね。

テレビで活躍する芸能人の方の生活を追ったりしている番組もあり、徹底的な節約をしているのをみたりして驚くことも多いです。

そこで、私の節約や貯蓄についてお話ししたいとおもいます。

私は、日頃の節約について考えてることがいくつかあります。

専業主婦をしているので家にいることが多く、買い物やちょっとした予定ぐらいでしか外出はしないです。

一番いいのは自分も働いて収入を得て貯蓄に回すのが理想ですが、子どもがまだ小さいので希望に合った職を探すのも難しいです。

私が紹介する専業主婦でも出来る節約法は、在宅時は電気の使用量を極力抑えること。

真夏や真冬以外はエアコンの使用は避けます。

そして、テレビも付けっ放しはもったいないので、消しておくのがベター。

電気は昼間は暗くても付けないです。

昼食は、前日の夜のメニューの残り物が多いです。あとは、まとめ買いしておいたパンや食材を使用して食べています。

下処理をしたり調理して冷凍しておくと便利です。

買い物はまとめ買いが多く、無駄な出費を抑えています。

お財布には月々の生活費から少しずつ補充していくようにしています。

まとめて財布に入れておくと、余計な出費を招く恐れがあるからです。

洋服や雑貨はネットショッピングで価格を調べて安く買っています。

実店舗がある場合、ネットで買う前に商品を見て手に取ることが出来るので安心です。

収入がない専業主婦ですが、在宅ながらもお小遣い稼ぎをすることができます。

ポイントサイト経由で買い物したり、在宅向けのちょっとした仕事を探すことも出来るので

コツコツと稼ぐことができます。

あとは、日々の生活費から余った分はヘソクリとして貯蓄に回すのは主婦の定番ですね。

お金がない時はお金を使わない

私の節電方法は、「お金がない時はお金を使わない」ことです。
当たり前だと見えるかと思いますが、節約しているなーと思っていても再度節電もらえる事が残っています。
ボクが一生を見直して収益を使わなくなった事を何点かあげてみます。
「コンタクトをなるたけ使わない」
ボクは日常頑丈のレンズを使用していますが、なるべく使わないことにしました。洗浄液にお金がなるからだ。
特別な場合だけコンタクトを使用するようにしました。
「コスメティックを使わない」
節電の為にコスメティックを使わないようにしましたが、「スキン断食」という文句を聞きました。スキンになにもつけずに生活したほうが、スキンがきれいになるそうです。洗顔も石鹸にし、洗顔のちも何も擦り込みません。初めはスキンがガビガビになりましたが、慣れるとスキンが綺麗になってきて、湿疹もでなくなってきました。
「ごはんは胃腸八分に講じる。お菓子は買わない」
食費節電のためですが、健康にも素晴らしいみたいです。お菓子も買わずに、頂いたタイミングだけ食するようにしました。特別に上手く感じられてトクした気分です。
「ヘアは自宅で下回る」
私の髪は恋人に切ってもらっています。ウェブサイトの画像で髪の切りほうが加算されているので、それで勉強して切ってもらいました。満足しています。
「タブレットからガラケーにスウィッチ」
ガラケーに戻しました。メイルで十分だし、タブレットがある時の無駄なのんべんだらりしたスパンが減りました。

何点かあげましたが、切り捨て逆に良かった事が多かったです。お金がない時はないタイミングなりの一生で乗り越えていきます。

グルメだけじゃない!グループで歩けば節約が手に入る

現在では市場も昔のイメージと異なり、お店をやっていなくても、気軽に場内にある食堂が利用できたり、中には一般の人にも小売販売してくれるお店が増えました。

テレビなどでは市場の特集をやってはいますが、グルメ情報が多く視られますので、市場は年末など特別な日に訪れ、普段買わないような商品を買うイメージがあるのではないでしょうか?

しかし頭の中の既成概念を一度クリアにして、新たなイメージへと書き換えれば、また違った活用法が見えてきます。

例えば市場で女子会をする気分で、『女子だけの節約散歩』と題し、箱買いした商品を分けることを前提に、その日のお買い得を探してみるのはいかがでしょうか?

もしかしたら箱買いすることと、交渉力しだいで、表示されている価格よりもお手頃になる可能性もあります。

お気に入りのお店が見つかれば、必然的に何度もそこを訪れますよね。そうすればお店の方に、顔を覚えていただけますし、なかなか一般の人では手に入らない情報をいただけることもあるでしょう。

「この食べ物は、年間でもこの時期に買うのが一番いいよ。値段が下がっているだけでなく、品質もいい」などといった、有難いことを教えてくれるかもしれませんし、結果的に節約へとつながって、お財布が寂しくなるのをふせいでくれることでしょう。

また、その市場の名物グルメの堪能もできるといった、もう一つの楽しみもあります。

ただし市場を利用するのは、大半が商売をされている方々であることを忘れずに。

マナーをしっかりと守り、ご迷惑にならないよう常識のある振る舞いで、訪れた時間を価値あるものにして下さい。

節約の王道はやはり食費、交通費、光熱費

とくにこれと言った目的がなくても、とにかく節約したい、貯金は多めにしたい、と思っている人は多いと思います。私は最近、大きな買い物をしてしまったということもあり、それをカバーするために生活を今までよりは切り詰めて出費を抑えたいと思っているところです。キャバクラや風俗で稼ぐという手は頭にないので、身の回りのことで節約できるものできるだけ節約しています。

まずは食費ですが、やはり外食をできるだけ減らして自炊することです。付き合いで外食するとき以外は自炊です。それも「食事のために買い物」するのではなく「買い物してあるものでできる食事を作る」という方法で、冷蔵庫にある食材でできるだけ間に合わせ、安い食材は安いときにあらかじめ買っておくことがポイントです。一人暮らしの場合はわりと簡単にできます。

そして交通費は、バス代や電車代を節約するために歩いたり、ときには自転車で行けるところまで行ったりすることです。自転車だと電車5駅分はわりと30分以内で行けたりするので、時間が許す限り無料な手段を選ぶようにしています。もちろん同じところでの用事は一度で済ますように心がけます。

光熱費に関しては、夏である今は冷房なしでは生きていけません。なのでその代わり冬のときのように湯舟につかるのを諦め、シャワーだけで済ますようにしています。そして髪を洗うのは一日おきにしています。私はヘアワックスなどをつけていないので、比較的これが大丈夫です。

他にも「ダイエットだと思って余計なお菓子を買わない」や「睡眠を多くとるためにも夜遅くまで電気を使わない」などもありますが、とりあえず食費、交通費、光熱費をできるだけ抑えることを一番に頭に入れておいています。

ステータス主流の現代・生活の知恵を磨けば縮小で貯蓄スタイル

日常生活は衣食住の各項目はややコンパクト、その中でも高いのがお家賃金額、賃貸に住めばこのジャンルが日常の肝心ポイントです。住まいを探す時のチェック項目としては安い物件がベストですが、この金額と立地条件とか室内の構造も範囲内ですから、ゆとり金額の設定で考えるのが一般認識。

まずまずの物件が見つかったとして考慮すると、セカンドの熟慮は食料品や外食代、家賃も高いけれどこの項目は月ごとの金額幅で増えたり、小幅だったり。年末は通常多いのでこれくらいのものだという感覚ですが、最近はプレ金という働き方もあり、帰宅時間が早いと食事代と酒量がわずかに増えています。

飲まない時はビジネス用のシャツを買ったり、デジタル小物を探しては購入、時間が余分にあると使う金額が増えますね。プレ金のコンセプトが経済活性なので販売店さんにはよいけれど、収入を考えて小幅に縮小できたらいいなと思います。普段の経済思考を小幅にするには思考の時間が必須ですが、時間があれば休日パソコンという感じ、気温が落着いた初秋は見直しタイムを考えています。

ITワークは連日忙しくて金銭感覚を熟慮する暇もないですが、ちゃんと思考すれば節制に便利な安値商品もあります。ステータスが主流の現代は高級品に気が向きますが、知恵を磨くべきだと思うこの頃、キッチンからお風呂アイテムなど、それぞれチェックすれば安くてよい物がある筈。

気温が寒くならない内に生活チェック、プレ金の購入金額と呑み代、ランチ代くらいは縮小で貯蓄ができるでしょう。100均を利用するのもよいし、スーパーとかインターネットの買い物でスキル・アップ、送料が高いので趣味的な買い物は控えようと考えています。

郵便局の定額貯金で節約のモチベーション維持

少ない収入、多い出費、増えない貯蓄。

収入は増えないけれど、子供の成長と比例して増える教育費。

無情にも増やされる消費税。

不安を抱える年金制度…と我が家の家計は目をそらしたくなることばかりです。

しかし、現実を受け入れなければ子供の将来を守ることが出来ません。

子供が成人するまでに1円でも多くの貯金をするための小さな取り組みを紹介します。

子供のための貯金は、郵便局の定額貯金を利用しています。

定額貯金は普通預金よりも利子が多くもらえます。

利子が利子を生み、じっくりとお金を増やせるそうです。

私の預入金額では缶ジュースが買えるほどの利子ですが、わずかな金額でもお金です。

”ちりも積もれば山となる”です。

定額貯金は預け入れの日から6か月間は払い戻しができませんが、それ以後は自由に使えます。

私は普通預金で貯めていた子供の学費を、子供が中学1年生の時に定額貯金に変えました。

高校受験時に満期を迎えることはできませんが、受験費用などに利用しようと考えています。

タンス貯金では1円も増えないけれど、定額貯金なら確実に増やすことが出来るのです。

定額貯金をしたことで、「子供の将来に使うお金が増える」というプラスの思考がうまれました。

それは現実から目を背けないで節約を続ける力になっています。

自炊が一番!

私が行っている節約方法は、基本的なことではありますが、とにかく外食を減らすことです。
面倒くさがりでもあるので、週末の食事はほとんど外食や持ち帰り弁当などで済ませていましたが、今はその回数を減らすようにしています。
とはいっても、やはり食事を用意するのが面倒なことには変わらないので、出来るだけ簡単に作れるものばかりにはなってしまいますが。インスタントの麺類や丼物などが多いですね。

インスタント食品は多少割高にはなってしまいますが、それでも外食に比べればずっと安いです。外食の回数を週4回から、今は2回へと減らした結果、月1万くらい節約できました。
また、買い物は基本的に週一回にして、まとめ買いをしています。一週間分の献立を作成しておき、必要なものを必要なだけ買うようにすれば、食材のムダがなくなります。
スーパーへ行って値段を見て、高ければもう少し安い類似品に変えることもあります。ほうれん草よりも小松菜の方が安ければ、そちらを選ぶといった感じです。
栄養などに違いはあっても、そこまで厳密に考えてはいないので。プライベートブランドの商品もよく利用しています。
味や品質について、どうしてもというこだわりがなければ、そのお店のプライベートブランド商品のほうが安いですから。
小さなことの積み重ねではありますが、節約をするには、その積み重ねが大切だと思っています。

こまめにお買い物に行くことが大切です

“節約するにも、一番効果があるのは、こまめにお買い物に行くことからかもしれません。
冷蔵庫で冷やすこともいらないし、使うものだけなので、無駄が少なくなるのです。結構な節約効果です。

ただし、これができるのは、都会に住んでいる人だけでしょう。
それ以外は、大量買いするしかありません。
畑で野菜を作るにも、何かと出費は大きいのです。
高額な家賃を払うのか、大量買いをするのか、生活の好みになるのです。

節約も、家計簿をつけて、細かく、計算することは、辛すぎます。
たとえば、都会の景色が好きな人は、都会にいるだけで、満足なので、景色は重要なポイントです。それだけで十分な幸せな気持ちになれるのです。

広々とした家がいいという人もあるでしょう。どこが一番自分にとって大切なのか、知ることも大きな節約になります。
満足しないと、どうしても、いろいろなことに手を出してしまいますから、お金もかかるのです。
また、趣味も仲間が多すぎると、そこで、なのいかと、費用も発生してくるので、小規模で動くことも大切ですよね。あれもこれもと参加しないということです。
余裕があると、参加してもいいでしょう。お金は使ってこそ、有意義なので、そこを意識したいです。”