給料で資産を買った結果は、私としては正解でした。

稼いだお金で何を買うか、この一文が節約や貯金、生き方までもを表していると思います。
通常、初めて労働の対価に金銭を得るのは雇用契約の下だの思います。一緒懸命働いて、得たお金で何を買うか、その積み重ねがその後のお金事実を左右します。

何気なく入ったコンビニで取りあえずじゃがりこを買うのか、お金を貯めてブランド物のバッグを一括で買うのか、ローンを組んで欲しかった車を買うのか、その選択の事を指します。
お金を残したいなら資産を買いなさいと言う人もいます。若い内は色んな経験をしなさい、自己投資しなさいと言う人もいます。どれも正解で、自分で決めるべきです。

そして、同時に全てしていいと思っています。私は年収100万円台の頃から色んな経験を他人のお金でし、自分の稼いだお金を貯金しました。
稼いだお金の範囲内で自己投資し現在は年収500万円近くになっています。貯めたお金を元手に資産を買いました。投資もしました。結果、現在は会社で稼いで得た金額以上に貯金出来ています。

何故かと言うと、資産からの収入が生活費を上回ったからです。生活自体も質素は質素ですが、それでも不自由は無く過ごしています。
自分の選択肢には今の所満足して生活しています。

節約ができている人、いない人

同じお給料をもらっているのに、貯金金額が随分違う…ということは、珍しくありません。

色々なお話をまとめてみると、節約ができている人といない人の差は、ここにありました。

まず一番大きなのは、お給料の使い方です。

「当たり前でしょ?」と思われるかもしれませんが、引き出しの段階から異なっているのです。

貯金ができる人は、お小遣い金額をきちんと決めており、それを給与日に引き出して、それ以上の現金引き出しは行わず、カード払いもよほど計画的なものか、日用品の必需品などでのみの利用、もしくはカードで使った分は現金を使わないなどというのが計画できています。

それに対し出来ない人は、仮に天引きで毎月一定額を強制的に貯金をしていても、その天引きがあるから自分は貯金をしていると思い、お金はなくなったら都度ATMから引き出すという方法の使い方をしています。

結果として、前者は3万円という枠があるのでそれ以上使いませんが、後者は手元のお金がなくなっても、まだ貯金はあるからと自分に甘く、小遣い限度額という概念があまりないように見受けられます。

また日頃の飲み物もスーパーで買っておいたりして、コンビニや自販機利用をしないという人も、節約はできている人が多いです。