収入源を複数もって、生活費と貯蓄用に分けて充てる!

「少しでも貯蓄額を増やして安心したい」

収入が増えることは嬉しいし、貯蓄額が増えることは安心に繋がります。

しかしながら景気は低迷している、年齢を重ねると出費は増える一方でなかなかお金の采配が思うようにできません。

そんな時は毎月一定額を貯蓄に回す、いわゆる先取り貯金がピッタリです。

生活に支障が出ない程度に毎月数万円を全収入から省いてしまい、ないものと思って生活をします。

自分の毎月の貯金システムがこなせるようになると、もっと貯金額を増やしたいと切実に思うようになります。

僅かでもいいから生活費の一部をカバーできるようになりたい、例えば通信費だけや食費だけカバーしたいというような感覚です。

自分ができる範囲での副業や仕事を行う、不用品をネットオークションに出品する等でカバーできるようになると家賃や住宅ローンの繰り上げ返済まで欲が出てきます。

そんな時こそ複数の収入源を持つことがベストでしょう。

この収入源で生活費を賄い、あとは全て貯蓄に回すというように「貯蓄用の収入源」を持つとグッと生活が安定します。

はじめは総収入から一定額の先取り貯金、次に何か収入増につながる新たな収入源を持つ、そして新たな収入源を安定させて貯蓄専用の収入源とすることが貯蓄性向上の鍵となるのです。

月の生活費は使う金額を一回でおろす!

月々の生活費に使う金額は決めていますか?私は以前使う金額を気にかけておらず、必要な時にお金をおろし、足りなくなったらまたおろすという生活でした。

するとどれくらい使っているかの感覚がなく把握することが出来ていませんでした。

後で通帳を確認すれば使っている金額も把握することも出来ますが、通帳記入もある程度たってから行っていたので

結局使った金額は何に使ったかな?という状況になっていました。

その後、これではいけないと思い家計簿をつけることにしました。使った時のレシートでだいたいの金額は把握できるはずと思い実践。

しかし、幼稚園などの集金袋に入れて徴収されたり、飲み会代と渡す金額が抜けていたりとこちらも失敗。

さぁ、私に出来る簡単な方法はないものかと思い行き着いたのが、月の生活費は使う金額を一回でおろすこと。

月始めに、銀行から決まった金額をおろし、100円ショップで買ってきた蛇腹になったケースに食費・ガソリン代・おこずかい・・・など自分で大雑把に決めた項目に振り分けました。

ケースからお金を取るのでお札が少なくることが目に見え、買い物なども気をつけるようになりました。

決めていた項目が足りなくなった場合でも、余った項目から使うなどそこは自由に調整し、初めにおろした金額で収まれはOK。

私はこのやり方で使いすぎを防止することが出来るようになりました。

ちなみに最初におろしたお金が月末に余った場合は他の袋に移し、翌月足りなくなった時に袋から拝借したり家族での遊ぶためのお金として使うようにしています。