株主優待を有効活用してお得に買い物

できることなら節約をして浮いたお金で欲しいものを買ったり、旅行へ行ったり、もしくは貯金したいですね。

私が日頃実践している節約のひとつが株主優待です。株主優待はその名のとおり企業の株主になることでお礼としてもらえるもので内容は企業によって異なりますが、企業の自社商品以外に割引券やお買い物券がもらえたりします。単純にこれを使えば節約になりますが株なんて縁遠いという方も恩恵を受けることができます。

私自身もそうなのですがせっかく頂いても近隣に使えるお店がなかったり、特に欲しい物がない時に割引券やお買い物券を売って現金化します。額面より損ですがそのままではただの紙切れになってしまうので売った方が得なのです。

ネットオークションで取引されてますが簡単に手に入るのは金券ショップです。

誰もが一度くらいは目にしたことがあるであろう金券ショップに切符、商品券、映画チケットなどと並んで株主優待券が並んでいます。

使える場所が限定されているので物によっては額面の半額ほどで購入できる場合もあります。

私自身自分が保有していない銘柄の株主優待券を購入して買い物に使うことでかなり得をしているのでオススメです。

買い物する前に一度のぞいてみてはいかがでしょうか、思っていたよりずっと得するかもしれませんよ。

貯蓄を増やすためにできる簡単なこと

給料日前になるとお金がない、あと何日なんて数える方も少なくないお金事情。具体的にいくらとは決まってない方も少し貯めておくことで何かあったときにも安心できます。

では具体的にどう貯めたらいいのか。節約というからには少しは我慢しないといけません。なんでもかんでも買いたいものは買って食べたいものを食べて、それでお金がたまるなら誰でもそうしてるはずです。たまにそういった記事もお見受けしますが、今回は成果は微々たるものかもしれないけれど誰でもできるものを挙げます。

まず、財形貯蓄。これは案外貯まります。会社勤めのかたなら利用できることが多いですし、利子もそれなりにいいです。自分の会社にあるかどうか調べてください。無い方は給料口座から定期預金に幾らか入れるのがおすすめです。これも財形貯蓄ほどでは無いにしても普段なにもしないで月1万円でも年間10万円以上の貯金ができます。基本的にこの方法だけで10年働けば100万円貯まります。月1万円なら交際費から削れます。遠出をやめて近場にする、外食を一回やめて家で食べる、外食はするけれど少し安いものに変えるなどが使える手段です。

給与という稼ぎが無い方は地道に頑張る方法もあります。アンケートサイトに登録して回答し、お小遣い程度でもお金を手に入れることができます。あまり大きな金額にはなりませんが、それでもやらないよりはやった方がいいです。

冬の光熱費の節約のためにしていること

冬は電気代や光熱費が増えてしまうものです。

私の家の間取りは2DKで夫婦2人生活で、自宅の暖房器具は、こたつ・石油ストーブ・エアコンがあります。

しかしエアコンはほとんど使用していません。

雪の降る寒い地方に住んでいますのでアパートでも石油ストーブが使えるのはとてもありがたいです。

しかし、アパートのオーナーさんの契約でプロパンガス会社と締結しているようで、プロパンガスのためガス料金は東京に住んでいた時よりも格段に高いです。

そのガス代節約のためにしていることは、給湯機をむやみに使用しないこと。

日中の洗い物は、ゴム手袋をつけて水で洗浄します。油汚れが落ちないのではと心配になるかもしれませんが、食器の洗い物ため桶に米のとぎ汁を入れておきます。すると、そこにつけておくだけで油汚れもお湯でなくても簡単に落ちてしまいます。

また、何かを温める場合にはストーブをつけている間に効率的に使用します。

鍋で大根を煮たり、ゆで卵を作ったりなど弱火で行う調理がストーブの上でできてガス代の節約になります。

そして、夜はやかんに水を入れストーブにかけておき沸騰したら湯たんぽに使用します。

それを布団の中に入れておけば、布団の中も自然な温かさで包まれていて、寝室の暖房器具も必要ありません。

朝になれば、湯たんぽの水も洗濯に使用することもでき、色々な活用ができます。

少しの知恵を絞って日々工夫する節約もなかなか楽しい日々です。