貯金にいつの間にか貯金箱が有効

普段あまり貯金や節約に関しては無頓着な友人がいます。ただその家にはかなり長い間放置してある小銭が大量に入ったプラスチックケースが置いてありました。友人はよくそこから500円玉だけを抜き出しては使っているイメージがあったのですが、先日ついにそのケースの中身を銀行に持っていたそうです。中身の額を聞いてかなり衝撃だったのですが、20万円以上あったそうです。

普段は小銭が嫌いで、紙幣で支払いを済ませた際に返ってくる小銭をちょこちょこそのケースに入れていたそうですが、それも無理のない範囲内でやっていたそうです。そんなゆるいスタイルでもいつの間にか結構な額になるものだということに気づかされました。貯金をしたいという意識のある人がやればもっと意欲的に、そして定期的に行うことでもっと効率的に貯められると思います。

具体的な貯金額の目標がある場合は、その目標額を何年または何か月で達成するのかを具体的に考え、ひと月あたりの貯金額を割り出して先にその額をお給料が入った時点で避けておく方法が有効的だと思います。その際に挫折しそうな額だと続かない恐れがあるので、ひと月の貯金額は最低限の生活は送れるくらいの額にとどめておくのが良い方法だと思います。