ペット用品を家にあるもので代用しています

ペット用品は、こだわったりすると結構お金がかかります。

我が家では小動物を飼育しており、寝床としているハンモックはお店やネットで買うと2000円前後するので、縫物が得意な母が手作りしています。

きっかけは、ペットの飼育本に作り方が書いてあり、家に学生時代に防災ずきんや巾着袋などを作った時の余り布が沢山あったからです。

手持ちのハンモックなどの長さを測り、手芸売り場で金具やひもなどを揃えるだけなので、500円以下で済み、ミシンがあれば作れます。

数枚作っておけば、すぐに汚してしまったり、洗濯がなかなか乾かない時に重宝します。

古くなったら、金具部分だけ外し、新しく作るだけですし、手持ちの布がなくても着なくなった洋服を活用するのでも大丈夫です。

意外とにおいを気にするペットもいると思うので、変に新しく購入するよりも、飼い主の使っていた名残で安心してくれる場合があります。

一方、高齢になってくるとトイレを外して小屋の中が汚くなります。お医者さんには、ペットシーツを用意した方が良いと言われていますが、うちではキッチンペーパーのようなおしっこが吸収しやすく、病気発見の為に色も見えやすいペーパーを敷いたり、新聞紙で代用しています。ペットシーツは1000円前後と高いので、染み込み率は低いですが、トイレをまたげなくなり、頻繁に変える必要が出てきたため、新聞を沢山ストックしています。

いらない紙をシュレッダーで細かくし、砂の代用にすることもあります。