縮減の上の空は普段にあり!

彼女と同棲しだして早2年頃。もう結婚や子どもについて生み出す今どき。しかしいつまで経っても蓄え総額の桁が目立ちず。
自分なりにこれではいかんと節電を心掛けるも、相互共稼ぎであり残業し疲れて帰って来た彼女に鞭打ってごちそうを作らせるのは何となく気が引け、外食を提案する事がウィークに2、3回。
取り敢えずこれを減らそうと休みの日にごちそうを大量に買い求め、類別し冷凍DL。毎日の食物を多少なりともラクラク。と打ち込むもいよいよ仕事場から帰ると二人ともヘトヘト。重たい健康を持ち上げ、二人で料理するみたい心掛けるようになり、節電をやるという感覚を沸々ともらい出していたあんなある日。
通勤に使っていたボクの車が故障した。10年頃近辺使っていたがどうも今や譲り渡す頃合のようだ。彼女も別で車を持っているが、断然車がないと支障とまた新たに車を貰う精査をしだした。月々の決済総額がグッと安くなり、簡単に選べるようになった車だが、この先何年も貸し出しを払い積み重ねるのはどうしても気が引ける。
今までの夕食に対する節電の頑張りじゃ事足りずというのは目に見えていらっしゃる。
ついつい、仲間がバイク屋を経営している事を思い起こした。
そう、何も車です必要はないんだ。
仕事場までの通勤ギャップはおおよそ6、7キロ。休みの日はぜんぜん彼女と一緒に行動しているので車は一卓で満載。
なにより、又もや考えてみると駐車場代3,500円×2卓で月額7,000円。
仕事場の近辺でもパーキングを借りているのでUP5,000円で、トータル12,000円も月収駐車場代に費やしている。ガソリン価格や税金も安っぽいものではない。
いくら天秤にかけてもバイクに転向する事が良いと判断し、友人のバイク屋で驚く程安い値段でバイクを買う事が出来た。
ガソリン満タン入れても350円。それも10お天道様に一時払い混ぜる位。
駐車場代もかからない。
最近バイクにのぼりながらにっこりが止まらない。
ほとんど、常々にあるものの中に節電のカギが隠れるのかもしれない。