削減家計のインナーの強み

減額身辺とダイエットは通じる所があるといわれていますが、
私もその主張に確信だ。

とも狙い条件がきついと停滞してしまい、元の木阿弥になって仕舞う界隈が
よく通じると思います。

ダイエットと同じように「自分にご褒美」という条件がなければ、長く続けられる
減額がないと考えています。
この日までに「何距離やせよう」という狙いを立てても思うようにならなかったり、
逆に太ってしまったりという事があったりして、次の日から大志がなくなったり
する事があるかもしれません。

「ご褒美」を「油調理」や「甘い物」にやる場合は尚更だ。
「これだけ節約したのだから、喜ばしい食堂でどっさり食べよう」などと
言う「ご褒美」にやる場合は、「ダイエット」の狙いも遠のいてしまう。

ぼくなどは、何か達成したときの「自分にご褒美」を「生クリームいっぱいのシュークリーム」とか「コッテリ味わいのチョコレートスウィーツ」にやる事があります。
何だか達成する事が出来ませんが。

節約するのは自分が達成したい狙いがあるからだという事は明白ですが、
長期間的品なので何かやりがいがないと停滞してしまいがちだ。
「ここまで達成したらラフファッションしたくても出来ない事を決める」というのがないと続きません。
それが「大枚を使わずともできる面」なら言うことはないのかもしれませんが、
ラフファッション節約しているところ何をして暮らすかという事を念頭においてみると、
自分が上出来出来る事が見つかるかもしれません。

移動手段を考えようみんな動力に頼り過ぎ

私は、運転免許を取って以来、すぐに車を購入し、近くのコンビニエンスストアに行くにしても車を利用していました。また大学時代も原動機付自転車を利用し、歩いて行ける距離でもつい乗ってしまってました。ある日ふと節約や貯蓄のことを考えた際、何か無駄なものはないかと考えたどりついたのが、自動車や原動機付自転車の利用が無駄ではないかと思いました。

そこでもし自動車や原動機付自転車がない生活を想像してみると多少我慢すれば、自転車や徒歩でまかなえることに気づき今では自動車も原動機付自転車も売却し、基本徒歩と自転車での移動にしています。どうしても雨に日や、レジャーに出かける時は、近くにカーシェアリングを利用していますが、自動車を売却してから2年になりますが、カーシェアリングの利用は月にだいたい1回程度で済んでいます。自動車保険やガソリン代・自動車ローンなどを考えると、かなりランニングコストが抑えられていると思います。

また徒歩や自転車はゆっくり移動しますので、街中での移動中にふと新しいお店やイベントに出会う機会も多く、さらには二酸化炭素を出さないので非常に環境にいいと思います。家族の貯蓄も少しづつ増えており節約につながっているので、今後も健康と節約のために続けていきたいと思います。

節約と貯蓄を励行した結果、今度は殖やす意欲も湧いてきた

私は6年前からスーパーの店員と運輸会社の作業員を兼務してきたのだが、将来資金を貯める為に、スーパーの給与振込口座と運輸会社の給与振込口座を別個にし、スーパーの口座は基本的に使わないで貯め、運輸会社の口座で毎月の遣り繰りをすると自分でルールを決めた。その結果、毎月の通帳記入が楽しみになり、6年で900万以上の貯蓄を作れた。

また1年位前からポイントサイトやアンケートサイトを始め、通勤時間や帰宅時間のスキマ時間にコツコツ小遣い稼ぎも始めた。さらに、2ヶ月程前から少し進歩させてクラウドワークスにも挑戦し、地道に収入を増やしている。

節約面では書店の経済コーナーで情報を集めた結果、クレジットカードを一枚持つ事にした。私のスマホのキャリアはソフトバンクなので、Tポイントの貯まるYahoo!Japanカードを選択した。毎月のスマホの通信費をYahoo!Japanカードで支払ってポイントを貯めつつ、日用品の購入やデート代もクレジット払いにしてポイントの上積みをし、ある程度貯まったら通信費の値引きに使うという流れだ。ただその際、ポイント目当ての購入は絶対にしないと決めている。必要な費用に対してクレジットを使用できる場合に限り、クレジット払いにしている。この点を肝に銘じて、無駄遣いは防いできた。

最後に外食やコンビニの利用は一気に出費がかさむので、基本的に禁止している。何かモノを買う時は、必ずディスカウント系の店で買う事にして出費の抑制に努めている。

限られた生涯年収の中で人生を運営していく為には、節約と貯蓄は最低限の条件であり、これからはさらに一歩進めて殖やす事にもチャレンジしていきたいと考えている。

貯金にいつの間にか貯金箱が有効

普段あまり貯金や節約に関しては無頓着な友人がいます。ただその家にはかなり長い間放置してある小銭が大量に入ったプラスチックケースが置いてありました。友人はよくそこから500円玉だけを抜き出しては使っているイメージがあったのですが、先日ついにそのケースの中身を銀行に持っていたそうです。中身の額を聞いてかなり衝撃だったのですが、20万円以上あったそうです。

普段は小銭が嫌いで、紙幣で支払いを済ませた際に返ってくる小銭をちょこちょこそのケースに入れていたそうですが、それも無理のない範囲内でやっていたそうです。そんなゆるいスタイルでもいつの間にか結構な額になるものだということに気づかされました。貯金をしたいという意識のある人がやればもっと意欲的に、そして定期的に行うことでもっと効率的に貯められると思います。

具体的な貯金額の目標がある場合は、その目標額を何年または何か月で達成するのかを具体的に考え、ひと月あたりの貯金額を割り出して先にその額をお給料が入った時点で避けておく方法が有効的だと思います。その際に挫折しそうな額だと続かない恐れがあるので、ひと月の貯金額は最低限の生活は送れるくらいの額にとどめておくのが良い方法だと思います。

「自分へのごほうび予算」を組もう!

私が実践している節約の方法は,「自分へのごほうび予算」をあらかじめ決めておくことです。

日々ほしいものがあると,欲しいものリストにその商品名やサービス名とその金額を書くことにしているのですが,それを月に一つか二つ買ったり実現したりすることにしているのです。そのための予算をあらかじめ毎月決めておくと,欲しいものも手に入り,生活もちゃんとできるようになります。貯金も少額ですが,毎月行っています。

「自分へのごほうび予算」の額は,収入が毎月多少増減するので一概には言えないのですが,大体その月の20%をごほうび予算にしています。もちろん,これだけ出るとちょっときついなという月は15%にしていますが。

これを続けていて思ったのは,ごほうび予算を組んでいると,欲しいものを買ったときの心の状態が違うなということです。途中,ごほうび予算を組まなかった月があったのですが,その月は精神的にきつかったです。欲しいものリストの物を買ったは買ったのですが,予算が組んである状態で買うのと,組んでない状態で買うのとでは,安心感が違います。

節約するときには「しっかりお金を管理できている」という心理的なものもすごく重要なのですね。

収入源を複数もって、生活費と貯蓄用に分けて充てる!

「少しでも貯蓄額を増やして安心したい」

収入が増えることは嬉しいし、貯蓄額が増えることは安心に繋がります。

しかしながら景気は低迷している、年齢を重ねると出費は増える一方でなかなかお金の采配が思うようにできません。

そんな時は毎月一定額を貯蓄に回す、いわゆる先取り貯金がピッタリです。

生活に支障が出ない程度に毎月数万円を全収入から省いてしまい、ないものと思って生活をします。

自分の毎月の貯金システムがこなせるようになると、もっと貯金額を増やしたいと切実に思うようになります。

僅かでもいいから生活費の一部をカバーできるようになりたい、例えば通信費だけや食費だけカバーしたいというような感覚です。

自分ができる範囲での副業や仕事を行う、不用品をネットオークションに出品する等でカバーできるようになると家賃や住宅ローンの繰り上げ返済まで欲が出てきます。

そんな時こそ複数の収入源を持つことがベストでしょう。

この収入源で生活費を賄い、あとは全て貯蓄に回すというように「貯蓄用の収入源」を持つとグッと生活が安定します。

はじめは総収入から一定額の先取り貯金、次に何か収入増につながる新たな収入源を持つ、そして新たな収入源を安定させて貯蓄専用の収入源とすることが貯蓄性向上の鍵となるのです。

私が節約をはじめたきっかけと張り合いについて

今まで共働きだった私が仕事をやめて主人ひとりの給料で生活をしてみると、わずかな貯蓄を取り崩していくばかりとなり、はじめて本気で節約を考えました。一般的には節約できるかできないかは、家計簿をつけてみるといいと書かれています。しかし、私を含めほとんどの人はうまくいかないのが現実ではないでしょうか。雑誌の表紙などに”こうやって1年間に○○○円貯めた”とか”○○○ちゃんの節約術”なる多々ある節約本を見て実際に1度は、なにかしらの方法を試されたと思います。

私も家計簿を毎日記入するのは難しいので、週ごとに現金で動いた分を記入したりしました。手元にある現金だけの使い道だけの把握だったので節約にもほど遠かったのだと考え通帳の動き固定費・流動費・クレジットカード払いの洗い出しをしました。エクセルで簡単な表を作り、引き落しになる年間にかかる住居費・水道光熱費(ガス・電気・水道)通信費(固定電話・携帯料)保険・税金などを把握するだけでも月間・年間の動きが見えてきました。そこではじめて、通帳引き落しの分のどこが削れるか現金で出金する分に余裕をもたせれるか予備費(いずれ交際費・冠婚葬祭の一部にかわる)をもたすことはできないだろうかと何度も修正したりして、今は少しずつですが、節約意識が芽生えてきています。いずれにしても、現金支払い部分・カード支払いなどその場で支払わないものや通帳など自分の家全体に関わってくるものを把握することからはじめました。最後に、私の節約の目的は子供たち夫婦にも年間かかる費用などを確認したりして3家族の把握をすることで張り合いをみつけて節約をして子供たち夫婦・孫と旅行に出かけるためです。

身にあったやり方で

月、節減しようと思って過ごしても、我々は何となくそれができません。
ちょっとジュースを買ってしまったり、なんとなくお人物を買ってしまったり…。そのちっとも、ちりも積もれば山中と繋がる、で最適支払になります。
月、今月は支払を抑えようと思うのですが、うまく行きません。

ですから、我々はサラリーお日様が来たら先回りで蓄財をすることにしていらっしゃる。余裕を持った金ではなく、幾らか大目に蓄財するようにしていらっしゃる。
そうすることで、「お金のある様子」を作りださないようにしているのです。
お金がある、と見まがうことが一番の支払の原因になっているような気がするからだ。

やはり、先回り蓄財をした下部も、なるたけ支払を抑えようとは思っていますが、もちろん時に使ってしまう。
先回り蓄財をやるから、スペースは使ってもいいんだ、とおもう気のゆるみもあるのかもしれません。
ですが、先回り蓄財をしておかないと、蓄財しなくちゃと思いつつ料金を使い、それがヤキモキになる。

ストレスなく料金も貯めないと、結局は途切れると思うのです。
ですから、我々は月ちょっと多目の先回り蓄財をして、細々と積み増しを繰り返すようにしています。
蓄財のエリートから見たら手緩いかもしれませんが、自分にあったやり方で頑張っています。

ちりも積もれば山野と達するの箴言を実行しましょう

意欲が無くても節約することは仁徳です。邦人は昔から節約を第はじめとしてきました。幾ら儲けが多くても、そこにトラップの開いたバケツではお金が溜まることはありません。入るを計りて出を纏めることが貯金を繰り返す上で最も大切なモットーだ。  

屑も積もれば山となるとの教訓がありますが事実をついていると思います。屑はグループ1つのちっちゃな節約のことです。無駄な電気を消す、水道水を無駄に流さない、ごちそうのレシピを工夫して気体を無駄遣い控えるなどの節約をのほほんと積み上げていくと山になる。山は現金の山だ。節約をすれば、それ程お金が知らぬうちにたまって行くと解釈できます。  

お金がないと言っている個人に限って金遣いが荒い、無駄な支払が多いと思います。すぐ近くの優秀へ出向くにもマイカーを走らせる、あるいは家中がスマフォを持って報知費が5万円以外要するなどは困難浪費だ。節約するという狙いが欠如している。御亭主が汗水流して働いても、妻や子供たちが浪費していては貯金残金の増え様がありません。  

個人には生れて現下まで時間は平等に割り当てられていらっしゃる。1食い分でもスペースにタームを貰った個人はないはずです。節約した個人が繁栄だ。複利というタームを追い風につけて、のほほんと節約している個人が雪だるま式に貯金を増やしていくのです。

買い出しはネット経由で減額

モニターウェブや核心カードなどのいるウェブに登録して、通販する時はそのウェブ経由で買い物をすれば核心も貯まりますし、きわめてまれに値引きもあるので便利です。
ボクは楽天でクレジットカードやふところを秘めるので核心の支払もお会計も楽々だ。楽天ではアンケートなどでも核心を蓄えることができショッピングにも使えるので良いですよね。産物もたくさんだしクレジット払い限定で送料がフリーになることもあります。

ネットで買い物をする時に一番のウイークポイントとなるのが送料なので助かります。何とか買い得産物を見つけても送料をアップすると少ない買い物ではなくなることがあるので、送料は大事です。
取り敢えずネットで買い物する時は送料やアップ核心の数や数値、返品などの特記要素の審査、受領手段と手間賃をよく見て買い物すれば絶対に負けはしません!

難題かもしれませんが心がけるうまみありです。
コンビニエンスストアでも払える核心カードは大抵ネットでも増やせます。無料のミニゲームやアンケートがメインですが買い物以外で増やせるのは財布が痛まないのでいいと思います。通販やWEB利便にも通じでいるのでそういうウェブをまず最初に経由して、楽天などのメールオーダーサイトで買い物すれば核心が2重にもらえるので節約する時は必ずしています。